コンテンツ文化史学会2009年大会

http://www.contentshistory.org/2009/11/05/562/

、来る11月28日(土)に開催されるコンテンツ文化史学会さんの第1回大会「アマチュア文化とコンテンツの未来」にパネラーとして登壇させていただくことになりました。

コンテンツに関わるクリエイターとしてお話しに加わらせていただくことになるかと思います。

アニメや漫画といった日本で独自に進化し発展してきたコンテンツを自国の文化として我々が自覚し、理解することは、そう言ったコンテンツの更なる発展と伝播、国際社会における”日本”自体の有り様を考えていく上で有意義な事であると思っています。  で、私はクリエイターやらこちらの業界人としては比較的珍しいしゃべくり好きの人材として徴用していただくことになったのでした(^^;)

私はクリエイターの立場としてまず第一にプロとアマチュアとは何が違うというのか?という点についてくっちゃべってこようと思っています。  そういった認識に統一性がないと話が成り立たなくなるのでその辺りをつっこんでみようかなと。

ご興味のある方はどうぞお越し下さいませ<(_ _)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*