デンマークに行ってきました!

%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%AAweb.jpg
    ~チボリ公園の前で!~

2010年5月20日 デンマークで行われるマンガ・アニメ等のファンイベント=Komicsdkに参加するために成田空港からスカンジナビア航空の直行便に乗り込む。 行く直前のメールには、日本人作家招聘担当=マーティンさんが私を空港で迎えてくれるのにあたって「阪神タイガースの帽子を被って空港に迎えにあがります」と書いてあった。
そのように礼を尽くされてはこちらも礼を持って報いなければならない。 そんな訳でコペンハーゲン空港では阪神タイガースの帽子を被ったデンマーク人と阪神タイガースのユニホーム{2003優勝記念モデル)を着た日本人ががっちり握手をしていたのであった。 尚、マーティンさんは大阪に留学経験があり。 甲子園ですり込まれたガチのファンであった(笑)

%E3%82%B3%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%81%AB%E3%81%A6.jpg
    ~コペンハーゲン空港に到着~

その日は空港の到着口に国旗を振った方々が一杯出迎えに来ていたのだけれど、どうやらアフガニスタンから帰国するデンマーク兵を迎えに来ていたらしい、こういった情景からリアルな世界情勢を感じた。 おまけに空港ではオイラのすぐ側に何故かサッカーデンマーク代表オルセン監督がいたらしい。 ・・・そういえばワールドカップでしたね、そんなことも思い出しました。

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%86%85%E2%91%A0web.jpg
    ~会場内の様子・わさわさしてるけど混みすぎではなく 交流にはイイ感じ~

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%86%85%E2%91%A2web.jpg
    ~フィギアショップや本屋さんなども出店~

イベントではインタビューされたり、サイン会を開いたり、ワークショップをしたりしていたんですが、特に今までやったことのないワークショップは引き受けたは良いモノの色々とまどうことも多くて折角来てくれた人たちに満足のいく情報を提供できたのかはなはだ疑問でした。 自分なりに必死にやったつもりですが特に特殊な技術を使って描いているわけではないので、日本の漫画家の周辺情報などを交えつつ何とか切り抜けた感じです。

%E8%AC%9B%E7%BE%A9%E4%B8%ADweb.jpg
    ~普通に話してましたけど、かなりてんぱってます~

 通訳をしてくれたマーティンさん・ジェフさんにはなんとか合格点を戴けていたようです。  ただ、二日目にワークショップを見に来て下さったウオッチメンの漫画で絵を担当されたデイヴ=ギボンズさんには申し訳ないことをしてしまいました。 コミスタ関係の話を聞きに来られたのに、デイブさんのおられた間中、日本の漫画事情などしか話していなかった。  でも業界の大先輩がおられる前で偉そうに技術の話なんぞ出来ませんよ 、やっぱり(^^;) 
イベントでは招待作家の作品ということで 月詠のアニメ上映も行われたのですが・・・久しぶりに見ますともう恥ずかしいと言いますか何と言いますか・・・オープニングが始まるころには逃げ出していました。  だって好きだった(今も好きだけど)女の子の話って平然と見れるもんじゃないでしょ? ねえ!?

Komicsdkは終始フレンドリーで暖かい雰囲気のあるイベントでした。 過去最大規模であり、成功であったとのこと。 成功の一端をお手伝いできたのなら何よりでした。

%E4%BA%BA%E9%AD%9A%E5%A7%ABweb.jpg
    ~多分本物の像よりモニター越しの方が大きい(笑)~

さてコペンハーゲンではイベント以外に、通訳をして下さったジェフさんのアトリエを見学させて頂いたり、駅でレンタサイクルを借りて町中を観光したりしていました。 世界三大ガッカリとして名高い”人魚姫の像”はなんと上海万博に出張中で本来の設置場所にはモニターが設置され上海万博の様子が映し出されておりました。 その様子は結構面白くてただ像がある状態を見せられるよりもガッカリ度が低かったように思います。 「ソコにいないのが珍しい」訳ですから面白いタイミングで見ることが出来たなあとw 

%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%ACweb.jpg
      ~世界遺産ロスキレ大聖堂・デカイ!~

%E5%A4%A7%E8%81%96%E5%A0%82%E5%86%85%E9%83%A8.jpg
      ~大聖堂内部・左右に代々の王族の墓があります~

イベント後の24日にはマーティンさんとロスキレ見学。昔のデンマークの首都であり、世界遺産に登録されているロスキレ大聖堂にはデンマーク王家代々の墓が築かれています。 現女王のお墓も既に用意されているそうなんですが、何でもガラス製の透明な墓の中に荼毘にふした後の灰を納めて一般公開することになっているらしいです。 歴代の墓を見ていると時代毎に流行があるのも見えてきてなかなか面白いのですが、もっとも最近の(女王のご両親らしい)のお墓が一番簡素でした。 王家も色々大変そうです。

%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0.jpg
      ~ヴァイキングミュージアム内部~

同じロスキレにあるバイキングミュージアムもなかなか興味深い場所でした、ロスキレを守るために湾が細くなっている部分にワザと水没させたバイキング船が発見され、ソレを水中から発掘した後、処置をして保管してある博物館です。 発掘してわかったことや伝統的に培われてきた技術を生かした小型ボートが博物館脇の工房では作られているのだそうです。  値段も30万円程度(以前ソコを訪れた友人談)とリーズナブルなので世界中から注文があるそうな。 きっとヴィンランドサガの幸村先生は取材されて居るんだろうなあと思いながら見学していました。 まあ、当たり前の話ではあるんですが”住んでいた人でヴァイキングの略奪行為に関わった者はわずかだ”と書いてあって「そりゃそうだよな」と思ったり。
余談ですが、イベント後に訪れたフランスでデンマークがヨーロッパ最大の面積を持つ国だと教えられました。 私たちがデンマークだと認識している北欧の地域はごく小さなモノですが、実はグリーンランドもデンマーク王国の領土なんだそうです。 結果、面積がヨーロッパ最大になるんだそうな。 ちゃんと調べてみないといけないとは思いますが、かなりのトリビアでした。

%E5%B7%A5%E6%88%BF%E9%81%A0%E6%99%AF.jpg
       ~ヴァイキングミュージアム脇にある工房遠景~

そんなわけで、デンマーク・Komicsdkレポートは終わりです。  後日、ついでに寄ってきた(ついでで行く場所じゃねえ)フランス・モンサンミシェルのレポートもそのうちあげる予定です。 もちろん諏訪子様の案内付きw

%E3%83%A2%E3%83%B3%EF%BC%92web.jpg
       ~よく見たらフランスカラーだった諏訪子様~

3件のコメント

  1. おひさしぶりです! いえ~いw
    北欧まで行ってなにやってんですかね、オレ(^^;)

  2. 阪神!阪神ですか!何故タイガース。
    諏訪子様メイクやらボディ陰影の方大丈夫でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*