部長、涙が止まりません!!

地元の本屋に本を探しに行く。  先日薦めていた”テラビシアにかける橋”の原作本と知人が薦めていたSFを購入しようと思ったからだ。 店員に尋ねて小説の方は発見、その後買いたかった漫画を思い出し店内をぶらついているときにソレは来た。
私はもうっ、18なのよっつ!!
オイラのすぐ側にいた女の人がいきなり叫んだのでマジでびっくりする。 ドキドキしながら様子を見る。 おそらく18歳は超えていると思われる女性だ、多分何らかの障害をもたれているのだろう。 その後も店内を何らかの物語を一人で演じながら徘徊しておられる。 とりあえず気にしないで目的の本を探しレジに向かったときだった。  その女性がレジに向かって突進してきたのだ。
部長!涙が止まりません!!
レジの向こうの店員に向かっていきなり言葉をなげつける。

部長ォ!!

そそくさとレジから離れるオレ、逃げられぬ店員。 一拍おいて店員がおどおどしながらこう言った。
「ぶ・・・部長は・・・いま・・・いません」
こわばりながら反応しただけスゴイよあなた(^^;)
部長、笑えませんが笑いそうでした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*