平城京のトナカイ

http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080312k0000e040071000c.html

可愛くないことで話題になった平城京遷都1300年記念のこのキャラクター。
正直な話ココまで話題になったんだから、明かな”勝ちキャラ”でしょう。

逆にユルキャラ全盛のこのご時世、普通に可愛いだけではこれほどの宣伝効果はなかったでしょう。

うん、運が良いねw

某サイトでこのキャラがかもされていました、
http://www.new-akiba.com/archives/2008/03/1300_4.html
コレならきっと文句はでなかったんでしょうね。

ところで別の場所でコイツの話題が出た時に友人が最大の問題点を指摘していました。


「角の生え方が日本の鹿じゃなくてトナカイだ」

良く見りゃその通りだ(笑) 奈良、コレで良いのか奈良w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*